今回Tik Tok 用に制作したのですが、せっかくなのでYouTubeにも展開してみました。説明は概要欄に記載して動画自体はシンプルにしています。撮影用のニシールがちょうど少しゲル化手前で良い映像が撮れました。TikTokバージョンは明るくポップな感じに仕上がっています。