ニシノ式パンク修理メーカーの株式会社RVトラストTUBELEST事業部では、安全確実にタイヤを修理する為に独自のスリーブ工法を開発し業務用とDIY製品をOEM[にてお届けしています。

作業手順 NT-1/SS共通

  • HOME »
  • 作業手順 NT-1/SS共通
①ニシールを塗り傷孔の角度をサグリ棒にて
調査します。

♦ポイント♦
異物が残っている場合は、
全て抜かずに残しておきましょう。

②バフ棒にニシールを塗り、サグリ棒と
差し替えて同じ角度に右回しで約2cm程度
挿入します。

♦ポイント♦
少しエアーを入れると挿入しやすいです。
③キリにニシールを塗り、バフ棒を右回しで抜い
たらすぐに同じ角度で右回しでキリを根元まで
挿入します。

♦ポイント♦
扁平タイヤの場合は、少し手前で止めてください。
④ダイヤルのLを下に回し、グリップは左回しで
キリのみ抜きます。

♦ポイント♦
エアーが一気に抜けるので手を添えて
ゆっくり回すと安全に外せます。
⑤プラグの黒い方をつまみ
たっぷりとニシールを塗ります。

♦ポイント♦
赤いゴム部分は手の油分が付かないように
ご注意下さい。
⑥緑色を先にしてガイドパイプに
挿入します。

♦ポイント♦
回しながら挿入するとよりニシールが
プラグ全体的に行き渡ります。
⑦押し棒にて右回しにねじ込みます。

♦ポイント♦
プラグに個体差がありごく稀に短いものがある場合、
一緒に抜けてくる事があります。その際は
お手数ですがサグリ棒またはキリの先端で
1~2mm程度押し込むとうまくいきます。
⑧ロックしたら右に回しながら
引き抜きます。約10分程度放置します。

♦ポイント♦
その間にガイドパイプ内をガイドブラシで
清掃し、キリとパイプをウエスで
綺麗に拭きセットしなおします。
⑨規定値までエアーを入れ
ニシールにてエア漏れチェックを
行ないます。

♦ポイント♦
石鹸水での点検はプラグの
加硫を妨げるので控えて下さい。
⑩カッターなどでプラグを
タイヤの表面でカットして
完了です。
電動ドライバーで作業する場合はコチラの
動画をご参照下さい。

お気軽にお問い合わせください TEL 092-233-1699 受付時間9:00-17:30(土・日・祝日・年末年始・夏季休暇除く)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 株式会社RVトラスト TUBELEST事業部 All Rights Reserved.